ステップ6〜売却に関する諸費用〜

売却成功の鍵は不動産会社が持っている!?

ステップ6〜売却に関する諸費用〜

不動産会社に支払う料金は、基本的には仲介手数料のみです。しかし不動産を売却するとなるといろいろな諸費用がかかってきます。一つ一つは小さな金額ではありますが、全てを合計するとそれなりの金額となります。売買契約成立後に焦らないためにも諸費用についても把握しておきましょう。

 

@譲渡税
売却により利益が出た場合に所得税・住民税がかかります。
計算式にすると売却金額−(購入金額〈減価償却有〉+購入にかかった経費+売却にかかった経費)=譲渡所得です。
この譲渡所得分に税金がかかってきます。

 

A抵当権抹消費用
売却物件に住宅ローンが残っている場合、抵当権が設定されていることがあります。その抵当権を抹消するための費用がかかってきます。司法書士に支払う報酬も発生します。

 

B印紙税
売買契約書に貼る印紙代です。売却物件の価格により違いがあります。

 

C修理費用 
物件を修理してから引き渡すといった売買契約を結んだ場合は修理費用も自己負担となります。

 

D建物解体費用
土地を更地にして引き渡す場合は、その土地にある建物の解体を行います。その際の解体費用は自己負担となります。

 

E引っ越し代
物件を売り渡して新しい土地に引っ越す場合は、引越しのための費用が必要となります。

 

これらの諸費用分も売買契約前に用意しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ